So-net無料ブログ作成
検索選択

梅棒「ピカイチ!」東京公演・蒙古斑先生メモ [千葉涼平]

23日・24日昼公演「ガンジー話?」←記憶が定かでは無いです
24夜:「人間は8回呼吸すると体の中がキレイになる?」
25日昼:肘は顎につかない、自分では出来ないが誰かと力を(肘を借りれば)合わせれば出来る
25日夜:温水さんとBZ稲葉さんは同い年
26日:キュウリは栄養素が一番低いことでギネス認定されている。だが味噌をつけると上手い
28日:(お菓子とかの)サラダ味が分からなくて調べてみたら「サラダ油」と「塩」で味付けした物
それじゃ(言葉足らずで)分からない、分からないお前(権田原くんに対して)もそうなんじゃないか?
29日昼:ドラえもんの職業は「特定意志薄弱児童監視指導員」だけど、どら焼買ったり近所の猫ちゃんと恋愛したり仕事を放棄してないか?
29日夜:身体中の神経を繋げると地球2周分になる(おもむろに権田原くんを背後から包み込む)
「よく生理的に無理って言われるけど柔軟剤の良い臭いがするだろう?」
30日:涙は涙を流してる時の感情で味が違う。悔し涙を流してしょっぱい→蒙古斑先生の若き日の恋バナ(実話)彼女が腕を組みながら肩にもたれて歩きたいそうで、その時彼女より背の高かった先生は彼女に合わせて腰を落としながら歩いてくれたらしい→という話の後の権田原くんの涙は(先生、権田原くんの流した涙を指ですくい)薄味でした(可笑し涙だったから)
7/1昼:今すぐ(部員たちを)追うんだ。追わないと先生が「ドレミの歌(ドとレの部分、不安定な音階で歌われた)」と笑点のテーマ曲の最後「て・てーーーん(テテテン)・・・・」締めの(テテテン)の部分を歌ってくれないという焦らしプレイ
7/1夜:体の中で一生成長してるのは鼻と耳。先生が権田原くんの耳に吐息「(今も?)成長した」
7/2:フラミンゴが片足だけ上げてるのは寒いから「片足寒くなったら、逆の足の繰り返し」 ナマケモノの死因第一位は餓死「怠けるな」的な

曖昧ですよ。

梅棒「ピカイチ!」東京公演感想&伏線メモ➀ [千葉涼平]

梅棒 7th ATTACK「ピカイチ!」
☆セットリスト:M1~M5?まで登場しているレアキャラがいる☆
・ポニーテールが似合う笑顔がキュートなダンシング女子
(先生とも仲良し運動部のマネージャーっぽい)
・背筋が伸びた硬派な男子
(生徒と顔を見合わせても?って感じで秘密な存在)
・アジアで一番強い男
(はっきり言うとブルースリーですね、席替えの時大活躍でしたな)
東京千秋楽だと「強い男」ではなく「弱い男(病弱な)」になってました( ゚Д゚)
おでこに冷えピタ貼って登場!その後どんどん青ざめていく顔!!!!!!
フラフラ倒れそうになったりしてた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』メモ

【向かって右サイド】
敬多:壁に掛かってるリュックから「ムー」を取り出す

(持ってる雑誌ムーが上下逆で持ち直しながら前に出て来るとき有る)


敬多のリュックの下の斜めがけバックはTATSUOさんが「地球を守らなくては!」
と決意し荷物を取りに家族が住む道場に戻るときに出番が来る


【左サイドからの風景】

敬多:お父さんと青年の「親子ゲンカ」を心配してる従業員。
その和から離れて研究を始めるオタク青年。
↑なんかオタクに壁が有るな〜と思ってたら
、Twitterで目にした亜門さんのSUPERLOSERZトリビア


親子の設計図の取り合いでお互いに譲らずに結局2つに破ってしまった後のオタク青年のリアクション

「キャー(オネェ風)」「ぱぁー」「(明日の)ジョー」のショートver、ロングverと色とりどりで後半楽しみだった。


宇宙人との争いの中、奪われた子供を救うため放り投げられた子供間に合わず子供。
倒れる父、その父を踏みつけて子供に駆け寄る母。で母踏む(父手足伸びる)から
母踏む(父「潰れた様な声を出す」)だったのが13日から駆け寄り踏むのが無くなってた。
皆で子供に駆け寄って皆で嘆く

宇宙人倒す→下から赤い炎噴射(場内明るい・宇宙人後ろのドアから退場)から宇宙人倒す→下から白い噴射→場内暗転(暗くて宇宙人の退場分からず)
プラス赤い噴射になった



道場
青年、道場の汚れを摘まむ
YOKOI(WRECKING CREW ORCHESTRA)

出演:千葉涼平(w-inds.)、古屋敬多(Lead)、
YOKOI(WRECKING CREW ORCHESTRA)、DOMINIQUE(WRECKING CREW ORCHESTRA)、SAWADA(WRECKING CREW ORCHESTRA)、TATSUO(GLASS HOPPER、BLUE PRINT)、仲宗根梨乃 他



のんびり
ダンスバトル

本当のキャサリン
キャサリン、
ホームレス馴れ初め

師匠

宇宙人到来

オタク本領発揮


戦い

キング襲来


キング良いやつ


お父さん防災頭巾

1/8敬多「どぅーん」

1/9敬多長い、そしてYOKOIさんも長い

昼公演:涼平舞台小物を袖に、

1/9夜 キャサリンの作業着ズボンが美脚がポロリ
それに伴い
、師匠もポロリ

敬多「(声にならない)はぁ?」


1/10昼
敬多「コマネチ&ダンカンバカ野郎」

YOKOI「腹巻きを脱ぎそれを涼平君に首に。スヌードちっく」

1/10夜
「………ブラボ(崩れ落ちる)」

YOKOI「腹巻きをもじもじ、たが腹巻きの中からホームレスがマジックで使った花の毬?(青年が重い?心配してた)を出す!焦るホームレス、ポケットを探るが無い。その毬で青年を殴り「重ーいっっ」とやるが相手にされず不貞腐れて部屋にこもる」

会場自体がステージ。壁がスクリーンになってて世界が広がった
緊急ニュースの時に音声・画像が追加
だがSLZ語なのかキャスター「……ゲイ、……イェー」しか聞き取れない
追加映像、記者の皆さん?

フリースタイルバトルでのキングと爽やかのダンスバトルが変わってた。
青年のパンチが力強く感じた

敬多ソロ
数式・化学式(元素記号)スクリーンというよりもステージ全体に写してる

主メンバーの説明が入る
TV映像が後ろに反映されて、分りやすくなった

師匠対決の時も師匠の忍術で動き出す床板も花吹雪(ちょっと控え目)が写し出されてて青いスポット有り

宇宙人のキング登場の時、真っ先に逃げた父、逃げ遅れるキャサリン、それに気づき寄り添うホームレス、助けに来る青年、応援に来る師匠、三歩さがって良妻賢母、オタク、へっぴり腰で最後に駆け付ける父、だが青年がやられると真っ先に駆け付ける父

子どもが青いので大人になったら黄色くなる
電気ビリビリの時、客席に近い宇宙人がビリビリ凄くて見逃せない。
宇宙人の喜怒哀楽が素晴らしい

最後の神の神曲(凄い大好き!)歌詞に有るように神が下界に続く白い道がある(♪道が(未知?)見えてくる)
地球が救われた時に皆さん神がキューンキューンしてる。ミキサー?

キャサリンとホームレスの馴れ初めナンバー、キャサリンがキスの余韻に浸ってる時、気付いて欲しくてホームレスがツンツンする時「二の腕を指先で擦る」「お尻をぺろんちょ」パターン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇