So-net無料ブログ作成

梅棒「ピカイチ!」東京公演・蒙古斑先生メモ [千葉涼平]

23日・24日昼公演「ガンジー話?」←記憶が定かでは無いです
24夜:「人間は8回呼吸すると体の中がキレイになる?」
25日昼:肘は顎につかない、自分では出来ないが誰かと力を(肘を借りれば)合わせれば出来る
25日夜:温水さんとBZ稲葉さんは同い年
26日:キュウリは栄養素が一番低いことでギネス認定されている。だが味噌をつけると上手い
28日:(お菓子とかの)サラダ味が分からなくて調べてみたら「サラダ油」と「塩」で味付けした物
それじゃ(言葉足らずで)分からない、分からないお前(権田原くんに対して)もそうなんじゃないか?
29日昼:ドラえもんの職業は「特定意志薄弱児童監視指導員」だけど、どら焼買ったり近所の猫ちゃんと恋愛したり仕事を放棄してないか?
29日夜:身体中の神経を繋げると地球2周分になる(おもむろに権田原くんを背後から包み込む)
「よく生理的に無理って言われるけど柔軟剤の良い臭いがするだろう?」
30日:涙は涙を流してる時の感情で味が違う。悔し涙を流してしょっぱい→蒙古斑先生の若き日の恋バナ(実話)彼女が腕を組みながら肩にもたれて歩きたいそうで、その時彼女より背の高かった先生は彼女に合わせて腰を落としながら歩いてくれたらしい→という話の後の権田原くんの涙は(先生、権田原くんの流した涙を指ですくい)薄味でした(可笑し涙だったから)
7/1昼:今すぐ(部員たちを)追うんだ。追わないと先生が「ドレミの歌(ドとレの部分、不安定な音階で歌われた)」と笑点のテーマ曲の最後「て・てーーーん(テテテン)・・・・」締めの(テテテン)の部分を歌ってくれないという焦らしプレイ
7/1夜:体の中で一生成長してるのは鼻と耳。先生が権田原くんの耳に吐息「(今も?)成長した」
7/2:フラミンゴが片足だけ上げてるのは寒いから「片足寒くなったら、逆の足の繰り返し」 ナマケモノの死因第一位は餓死「怠けるな」的な

曖昧ですよ。

梅棒「ピカイチ!」東京公演感想&伏線メモ➀ [千葉涼平]

梅棒 7th ATTACK「ピカイチ!」
☆セットリスト:M1~M5?まで登場しているレアキャラがいる☆
・ポニーテールが似合う笑顔がキュートなダンシング女子
(先生とも仲良し運動部のマネージャーっぽい)
・背筋が伸びた硬派な男子
(生徒と顔を見合わせても?って感じで秘密な存在)
・アジアで一番強い男
(はっきり言うとブルースリーですね、席替えの時大活躍でしたな)
↑東京千秋楽だと「強い男」ではなく「弱い男(病弱な)」になってました( ゚Д゚)
おでこに冷えピタ貼って登場!その後どんどん青ざめていく顔!!!!!!
フラフラ倒れそうになったりしてた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。